2020年12月17日木曜日

エルグランドオイル交換(204750km)&タイヤ交換

 

先月の仙台往復の際に普通タイヤがいよいよダメだと分かっていながら騙し騙し乗っていたら、昨日こんなのを発見!もう1キロだって走ってはいけない。

ダメ、ぜったい!

溝はしっかりあるのになんか変な片減りしてるんだよなあ。

ロワアームブッシュかなあ。




とりあえず、スタッドレスに履き替える。

スタッドレスはまだまだ大丈夫。一冬と車検は大丈夫。

大寒波が来ていて、日本海側〜東北は豪雪。日本海の水温が高いのも一因らしい。温暖化すると大雪になりがちと、どこかで誰かが言っていたな、そう言えば。


それで今朝はこんな状況。天気予報によれば最寄りの観測所ではマイナス5℃まで下がったらしいけど、東北育ちの経験から言えば、この霜の付き方はマイナス7℃〜10℃まで下がってるはず。





午前8時の時点で、日なたでこれだもん。









エルグランド(E51)のオイル減り問題はネットを垣間見るとやはり僕だけではなかった。慣らしからほどなく始まり、だいたい軒並み数千キロ単位で1Lの割合で減るらしい。2ストかよ。

QVエンジン恐るべし。昔のアルファもオイル燃やして走るクルマだったなあ。

このクルマも純正(5W-30)5000キロで1L

TAKUMI(10W-40)でも6000キロで1Lぐらい減る。

前回は純正+丸山モリブデンのセットで、1.1万キロで1.5L。多少改善はされているが、オイル減りを完全に防ぐことはできなかった。

というわけで、今回は丸山モリブデンは一旦お休みして(在庫が切れてたというのもある)、オイルをより固くして10W-50を入れてみる。

久しぶりに4L缶で買った。なぜかミネラルオイルよりシンセティックの方が安かった。

減り具合をしばらく注視してみようと思います。







2020年11月19日木曜日

美のエッセンス

どんなに技巧をこらしても、自然の美しさをそのまま写しとってそれが自然に勝るなんてことは不可能なんです。
でも、その自然の美しさのある一瞬や、凝固して
純化されたエッセンスのようなものは、人間なりに解釈して色や絵にすることはできる。それはもしかすると大自然の美を超えているかもしれない。

自然の美の前にひれ伏すことができる人であればこそ、エッセンスの美を味わうことができるのです。

2020年11月17日火曜日

キュレイションなること

 



いざ自分でギャラリーのコンセプトを任されて気づいたことなんですが、これはもしかすると金銭の授受がかかったキュレイションなる立ち位置を、一度は経験してみた方がいいなという考えに至ったりしてます。

デザイナーの立場だと、「作る人」「売る人」「買う人」「使う人」の四方一両得を常に考えながら仕事をするのは当たり前なんですが、アート…絵を描いているとその辺がどうしても抜ける。やはり「アートである」という気負いというか、いろいろふっ飛んでしまうのでしょうか。

でもよくよく考えると、アートだって誰かが「欲しい」と思うから産業になるわけで、誰もほしくないものを作り出してもそれは単純にゴミなわけで。

岡本太郎氏が「芸術なんて路傍の石と同じだ」と言われましたが、石ころだって需要があれば重要な産物になるわけで、それが宝石になるか、道路の敷石になるかはわかりませんが、それと同じく、自分の意思やエネルギーの発露であると共に、誰に向けて描いてるんだという想定ぐらいは、どんな芸術でも必要な作業ではあると。ま、そこに需要があるからといって、それにおもねるとか寄せきって描くとかそういうことではないのですが、想定ぐらいは必要ですねと。

描いているばかりだと見失いがちなんですが、いざ自分が「買うか買うまいか」という気持ちで他の絵を見ていると、やはり価値というものは、描く側と見る側の共通理解として存在するものだなと思うわけです。





2020年10月31日土曜日

アートストンギャラリーOPEN!

アートストンギャラリー










サトチヒロがプロデュースのアートギャラリーが、2020年10月31日に銀座にオープンしました。まるで隠れ家の様な、寛げてしまう空間。お気に入りのアンティークの椅子に腰掛けて、何時間でも絵を見ていたくなる……そんなギャラリーです。

11:00〜18:30(水曜定休、日祝は17時まで)

東京都中央区銀座6-4-6 花の木ビル4F

(東京メトロ丸の内線 線銀座駅徒歩2分)

銀座駅C3出て、東急プラザより外堀通を新橋方面に1ブロック、すしざんまい匠の向かって左隣のビル、入り口入ってエレベーターで4Fです。

www.artston.info

2020年10月27日火曜日

2020年10月14日水曜日

本物の手織りペルシャ

この投稿をInstagramで見る

ペルシャ絨毯(手織り) 大きい方はカシャン 小さい方はイスファハン 大きい方も十分高いけど小さい方は縦糸シルクでもっと高い! ひやー、でも本物のオーラはやっぱり全然違います。 これを、新ギャラリーに敷きます! いや、敷きました。 マヂですか。 マヂです。 元からそこにあったかのように鎮座しております。 場の気を支配しております。 これ自体がアートです。 この気にワタクシの作品が負けないでオーラを発することができるでしょうか? ぜひ確かめに来てみてください。 触ってください。 オキノさん、ありがとう! 【アートストンギャラリー】 中央区銀座6-4-6花の木ビル4F 10月31日(土)から年内中はサトチヒロ(半)常設展を開催します。 ご来場の方にはオープン記念品差し上げます。 ぜひお立ち寄りください。 #アートストンギャラリー #artstongallery #ginza #art #サトチヒロ #chihirosato #世界の家具オキノ

Chihiro Sato(@chihirosatojapan)がシェアした投稿 -